ホーム > 町の紹介 > 歴史・沿革 > 甘楽町指定文化財 > 白倉神社の太々神楽

白倉神社の太々神楽

最終更新日:2013年11月15日

指定:昭和63年12月6日   町指定重要無形民俗文化財
所在地:甘楽町大字白倉1536-1   白倉神社社務所
見学:例祭日に見学可

65 白倉神社太々神楽1  65 白倉神社太々神楽2

 白倉神社は「白倉のお天狗さま」の名で広く知られており、往時の例祭日には高崎、安中、藤岡などの各方面からの参拝者で賑わい、大変な混雑であったという。
 当神社の太々神楽は、明治9年(1876)吉井町神保の辛科神社の神楽師から伝授され、同13年(1880)4月に創設された。
 神楽は福島の笹森稲荷神社と同じ系統で、座は18座である。座の主なものには、神御子・天御中主神・神御産皇神・高御産皇神・都波岐大神・誉田別命がある。
 神楽舞に使用する面は、長さ約20cmほどの京面が30面、これより一回り大きい天狗面を一面保有する。
 現在は社人(世話人)制で、20人ほどで神楽を舞っている。
 神楽は、春季4月第3曜日と秋季10月第3日曜日の例祭日に奉納される。

このページへのお問い合わせ

社会教育課 文化財保護係
住所:〒370-2292 群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡161-1
電話:0274-74-3131
ファクス:0274-74-5813

このページに対する皆さんの声を聞かせてください。

情報は役に立ちましたか?

その他ご意見があればお願いします。なお、回答が必要なご意見や事業の内容についてのお問い合わせは、
上の「メールで問い合わせ」からお問い合わせください。