ホーム > 観光情報 > 歴史民俗資料館 (ぐんま絹遺産)

歴史民俗資料館 (ぐんま絹遺産)

最終更新日:2016年10月17日

画像:歴史民俗資料館
住所〒370-2202 群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡 852-1
電話0274-74-5957
ファックス0274-74-5957
入館料

・高校生以上/200円(団体20人以上150円)
・中学生以下/無料
・3館共通券
 楽山園・歴史民俗資料館・長岡今朝吉記念ギャラリー特別展示がご覧になれます。
 【当日有効券】高校生以上/500円(団体20人以上400円)
 【年間有効券】高校生以上/1000円(1年間何度でも入園入館できるパスポートです)
・入館料免除
  身体障害者手帳持参の方、学校行事の引率、旅行業関係者などには観覧料免除制度があります。
  減免対象要件一覧内規(PDFファイル)

 減免申請する方は、このホームページ下の関連ファイル「歴史民俗資料館減免申請書」から様式をダウンロードしてください。

施設案内

所在地等  甘楽町大字小幡852-1  
      電話・FAX 0274-74-5957

開館時間  午前9時から午後4時30分まで

休館日   月曜日(祝日の場合は翌日)
      年末年始(12月29日から1月3日)

交通案内 〔電車利用の方〕
      JR高崎駅0番線から上信電鉄(下り)乗車し、約30分の
      上州福島駅下車。
      ◎上州福島駅からの交通手段
       ・徒歩…資料館までは約3キロメートル
       ・無料レンタサイクル…上州福島駅に8台あります。
                  駅員にお申し出ください。
       ・タクシー…上州福島駅前に待機車がない場合は駅員に
             
お尋ねください。

     〔お車の方〕
      上信越自動車道富岡インターチェンジから10分

施設概要

 資料館の建物は、この地方の養蚕の最も盛んであった大正15年(1926年)に組合製糸小幡組の繭倉庫として造られたものです。その後、農業会、農協に移管されて、穀物や肥料などの倉庫になっていましたが、昭和59年に町が買い受け、翌60年文化庁の指導によって歴史民俗資料館に改装しました。
 小幡陣屋大手門の位置にあって、このレンガ造りの建物は、養蚕最盛期を象徴する建物として、昭和61年町の重要文化財に指定されています。

 平成19年度 「近代化産業遺産」に認定(経済産業省)
 平成23年度 「ぐんま絹遺産」に認定(群馬県)
 平成27年度 「日本遺産」に認定(文化庁)

常設展示

主な展示品
・上州明珍重則作の兜
・小幡氏紋付赤備具足(町指定重要文化財)
・織田氏家臣録(町指定重要文化財)
・円空の木彫仏像3体(町指定重要文化財)
・学問のススメ(初編)

ぐんま絹遺産
 当資料館には、群馬県が認定する「ぐんま絹遺産」が3件あります。
 1.旧小幡組製糸レンガ造り倉庫 1棟〔平成23年7月認定〕
 2.富岡製糸場絵馬 1点〔平成26年2月認定〕町指定重要文化財
 3.甘楽町の養蚕・製糸・織物資料 333点 〔平成27年2月資料追加認定〕


歴史民俗資料館 展示品 武具  武具(2階展示室)

DSCF0010.JPG  養蚕資料と道具(1階展示室)

関連ファイル

周辺案内図

注1:地図はドラッグ操作でスクロールします。
注2:地図の利用方法はこちらから閲覧できます。

このページへのお問い合わせ

社会教育課 文化財保護係
住所:〒370-2292 群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡161-1
電話:0274-74-3131
ファクス:0274-74-5813

このページに対する皆さんの声を聞かせてください。

情報は役に立ちましたか?

その他ご意見があればお願いします。なお、回答が必要なご意見や事業の内容についてのお問い合わせは、
上の「メールで問い合わせ」からお問い合わせください。