ホーム > イタリア海外駐在員だより > イタリア海外駐在員だより Vol.29

イタリア海外駐在員だより Vol.29

最終更新日:2017年10月30日

イタリア・チェルタルド市から海外駐在員の便りをお届けいたします

 甘楽町海外駐在員、イタリア・チェルタルド市在住の稲葉美代子さんからの便りをお届けいたします。  

   第29回は、食欲の秋にぴったりの話題である「料理の食材を売るイタリアの街角のお店」についてのお話です


画像:チェルタルドパノラマ 

イタリアを知る手がかり

 

 甘楽町の皆さま、ボンジョールノ!(こんにちは!)

 私が暮らすチェルタルドでは、秋深まる中、オリーブの実の収穫作業がほぼ終わり、イタリアの秋の恵みであるフレッシュポルチーニ茸が街角の八百屋さんの店先にお目見えする頃となりました。

 「美食の秋」にふさわしく、この時期にしか味わうことができない魅力的な食材に心がときめき、舌鼓を打つ今日この頃、今回は、日々の食卓に欠かせない料理の食材を売るイタリアの街角のお店事情を少しご紹介したいと思います。

 

   イタリア街角のお店    生ハムやサラミ類のコーナー  
               イタリア街角のお店                           生ハムやサラミ類のコーナー 
                                   
                                   

 

 店内に入ると、新鮮な野菜や果物が籠盛りで陳列棚に並び、生ハムやチーズ類がワイルドな姿のまま現れます。各自で買いたい野菜や果物を必要なだけ袋に詰め秤にのせたり、生ハムなどは好みの種類と必要な分を店員さんに伝え購入します。外国から訪れる者にとっては、このようなお店に足を運び、買い物を通して異文化を体感でき、イタリアという国の素顔を知る手がかりを掴むことができる絶好の機会になるのではと思います。

 

 

    種類豊富な羊のチーズ      主食パンを売るコーナー
             種類豊富な羊のチーズ                           主食パンを売るコーナー

 

 また地方色豊かなイタリアの特徴を反映するかのように、その土地ならではの特産物や食材を扱うお店が多いため、他の土地を訪れた際にそこに足を運ぶことが多い私にとっては、イタリアの伝統的な街角のお店を探索することが、街歩きをする醍醐味でもあります。

 

    野菜と果物コーナー      籠盛りの果物
               野菜と果物コーナー
                               籠盛りの果物

 

 

  

    

                                                               在イタリア・チェルタルド市
                                                                     甘楽町海外駐在員 稲葉美代子
                   

 

稲葉美代子さんプロフィール

 愛知県出身。
 日本で大学院修了後、1997年シエナ外国人大学に留学、チェルタルド市に住み始め、以来チェルタルド市に在住。
 イタリア人男性と結婚し、現在は娘さんと3人家族。
 2013年チェルタルド市国際文化交流推進協会設立当初より入会。
 チェルタルド市で日本語講座を開催するほか、甘楽町との姉妹都市交流に携わって来た。
 2014年チェルタルド市の使節団団員として来町。
 2015年6月、甘楽町海外駐在員に任命。
 

このページへのお問い合わせ

産業課 商工観光係
住所:〒370-2292 群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡161-1
電話:0274-74-3131
ファクス:0274-74-5813

このページに対する皆さんの声を聞かせてください。

情報は役に立ちましたか?

その他ご意見があればお願いします。なお、回答が必要なご意見や事業の内容についてのお問い合わせは、
上の「メールで問い合わせ」からお問い合わせください。