ホーム > 観光情報 > 観光スポット > 武家屋敷地区

武家屋敷地区

最終更新日:2012年10月17日

小幡藩勘定奉行『高橋家』

高橋家の屋敷

小幡の武家屋敷の中でも、昔の様子を最も残しているのが、小幡藩勘定奉行「高橋家」の屋敷と庭園です。
たかはしけ

高橋家の庭園

心字池を中心にした庭園には、蓬莱の滝が昔のままにさわやかな音をたてています。

食い違い郭

旧陣屋の中小路に面して造られた「喰い違い郭」。戦の時の防衛上のために造られたとか。また、下級武士が上級武士に出会うのを避けるため隠れたともいわれています。

大奥の庭園

大奥といっても2万石の小幡では、奥方と何人かの腰元だけでした。庭園は江戸後期に造られ、静の庭(流れのない池)と言われる大奥にふさわしい落ち着いた感じの庭園です。

中小路の石垣(柴田家)

中小路の道幅は7間(12.6m)あり、柴田家の石垣はこの中小路の右側「北側」奥の石垣で、東西方向に44.2m築かれている。1642年(寛永19年)に構築されたと思われる石垣です。

松浦家

松浦家は、武家の屋敷構えを良好に残し、雄川堰(おがわぜき)の地割と一体となって屋敷と庭園が造られています。

関連リンク

サイト内リンク用アイコン で表示されているものは、甘楽町ホームページ内のページです。
外部リンク用アイコン で表示されているものは、外部サイトです。外部サイトは別ウィンドウで開きます。

このページへのお問い合わせ

産業課 商工観光係
住所:〒370-2292 群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡161-1
電話:0274-74-3131
ファクス:0274-74-5813

このページに対する皆さんの声を聞かせてください。

情報は役に立ちましたか?

その他ご意見があればお願いします。なお、回答が必要なご意見や事業の内容についてのお問い合わせは、
上の「メールで問い合わせ」からお問い合わせください。