ホーム > 弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイル落下時の行動について

最終更新日:2017年09月15日

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

緊迫する北朝鮮情勢により、ミサイル発射に対する警戒が高まっています。

ミサイルが、日本に影響を及ぼす恐れが生じた場合は、注意が必要な地域に対して、政府は「全国瞬時警報システム(Jアラート)」を使用して情報を伝達することとしています。

政府からJアラートにより情報伝達があった場合は、携帯電話にエリアメール・緊急速報メールが送信されます。

屋内にいる場合

できるだけ窓から離れ、家の中心に移動する

テレビ、ラジオ、インターネット等を通じて情報収集に努める

屋外にいる場合

近くのできるだけ頑丈な建物に避難する

近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ、頭部を守る

テレビ、ラジオ、インターネット等を通じて情報収集に努める

国民保護ポータルサイト

弾道ミサイル発射情報等伝達の流れや注意点等について、「国民保護ポータルサイト(内閣官房)」に掲載されています。また、国民保護ポータルサイトには武力攻撃やテロなどから身を守るためにどのような行動をとるべきか等についても掲載されています。

   国民保護ポータルサイト


 弾道ミサイル落下時の行動について

 弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&Aについて  

 ●弾道ミサイル落下時の行動について(チラシ)

このページへのお問い合わせ

総務課 庶務係
住所:〒370-2292 群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡161-1
電話:0274-74-3131
ファクス:0274-74-5813

このページに対する皆さんの声を聞かせてください。

情報は役に立ちましたか?

その他ご意見があればお願いします。なお、回答が必要なご意見や事業の内容についてのお問い合わせは、
上の「メールで問い合わせ」からお問い合わせください。